« 井上堯之さん | トップページ | まだ見ぬ誰かに話かける »

2006年7月16日 (日)

起きた

ひとこと。
相当疲れてた。
精神的にも。あんまり寝てなかったし。

金曜日、というか、もう、土曜の朝の6時だったけど、最後の細かい一言が刺さって、イライラしていた。

そのあと、あんまり寝れないまま、また会社の行事に行き、そこでも、まだ引きずり続けてて、だもんで、呼び込んじゃった、ってこともきっと、相当あって、気持ちが相当疲れて、ライブをして、今、ようやく起きれた。

それだけじゃなくて、仕事でも、細かな一言ひとことの連続で、イライラしてた。

言い出せなくて。弱気な自分がイライラした。そして、そんなことに気を使わなければいけないのが腹立たしかった。そして、その割には、結果としては、気をつかってるところが、だから、ダメなんではないか、と思って多。

それでも、取り越し苦労、ってわかったのは、良かったかもなあ。いま、たっぷり寝て冷静になると。それだけは良かったかもしれない。土曜はずっと悪い夢を見続けてるような感じだった。すごい通り雨にあったり。

わしゃあ、今の仕事として、こういうことで、イライラしちゃう、って向いてないんだろうか。

やっぱり、イライラする場、人間を避ける、ってことで良いんじゃないか、と、最近はなってる。なってしまってるのかもしれない。それを許してるのかもしれない。経験のある人が、それは良くない、って言ってるのは、よくわかるけど、どうしても、自分に嘘をつけなくて。

精神的に疲れちゃう、って、やっぱりしちゃいけない言い訳だろうか。

この場でこういうこと書いちゃうこと含めて、呼んじゃう、ってことがあることはわかってるつもり。

あとでよく考えよう。まだ見ぬ誰かに語りかけて、ということにしたい。いい考えかもしれない。

|

« 井上堯之さん | トップページ | まだ見ぬ誰かに話かける »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。