« 極楽・山本さん 世の中の取り上げ方がヤダ | トップページ | ラマダンが宗教的な意味があるのはなんとなくわかる »

2006年7月21日 (金)

事実って、実は、事実上、難しいと思う

昭和天皇のメモ。それが、ホンモノだとして、なぜ今なの? もう、完全に、次期総裁戦への何かの布石だよね、これ。マスコミは、そういうとこも含めて出さないとダメだと思うけどなあ。

そりゃ、メモそのものは事実かもしれないよ? だけど、それがなんで今の時期、って事実を伏せて出したら、事実の一部分は出してて、それそのもの事実は、まさに事実かもしれないけど、そこの事実だけを出した、ってことで恣意的になる、ってことよね。そういうところに細かくイライラするね。気付かないフリだって、行為としては、何もしてないけど、マイナスの意味で、悪意ある行為をしてる、ってことだよね。気付いててそこは出してない、ってその事実は、ないことにされてるわけでしょ。

例によって、善し悪し、じゃなくて。

養老さんのよく言ってることで、歴史を語ろう、というのはそもそも無理だ、と。歴史を語るなら、歴史そのものと同じ時間が必要になる、と。そういうふうに考えると、これって、実は詭弁でもなんでもないと思う。

まちゃみん、酔っとるばい。

|

« 極楽・山本さん 世の中の取り上げ方がヤダ | トップページ | ラマダンが宗教的な意味があるのはなんとなくわかる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。