« 亀田くん、しごとのこと | トップページ | ようやく帰ってきた »

2006年8月 3日 (木)

亀田くん②、しごとのこと②、ベースのこと

◆亀田くん②

うーん、なんていうのかね、どう考えても、判定おかしいよね。相手がかわいそうだよ。まあ、だからって、亀田くんが悪い、っていうことにはならないけどね。本人は、これに賭けて、やってきたんだから勝ったら嬉しいに決まってる。まちゃみんは、判定の結果はともかく、亀田くんがこれに賭けてた、っていうのは、やっぱり、伝わってきた。彼の言動が好きか嫌いかは、別で。

それに、たとえ、負けてたって、こういうあと、ってのは、苦しい練習に耐えて、勝っても負けても、一区切りなんだから、どうしても、気持ちとしては、サワヤカになるもんだと思うよ。喜んでるのに水を差すのはどうかと思う。あくまで、そういう判定をした人が悪いんであってね。だから、かわいそうなのは、相手のベネズエラ人の方であってね。ベネズエラ人は、ほんとうに気の毒だ。

でも、こういうことが亀田くん本人にとって、長い目で見たときに良いことになるか、はわからない。また、テレビで垣間見る亀田くんの言動が好きかどうか、は全く別問題であってね。まちゃみんが思うのは、亀田くん本人に、判定がどーの、っていうのは、違うと思う、っちゅうことであって。試合した当人達には罪はない、っちゅうことよ。

テリー伊藤の、のってけラジオ、今日は聞けなかったけど、どんなこと言ってたのかな。次回の対戦で、気持ちよく勝って周囲を黙らせろ、ってのが一番無難なところかなあ。こういう結果ってのは、負ける、っていう予想より、はるかに難しかっただろうから。

◆しごとのこと②

今日は、突発事項が多くて疲れた。それにしても、今週は、もう、あの話題ばかりが気になってる。オレもう、戻る気力も自分で、ないような気がする。なんども同じことで、アレだけど、決して、負けてない、と胸を張って言える状態じゃない。

悔しい。自分では、こんな野ざらしの状態に放られて、文句だけ言われ、ようやく、仕組み、というか、流れがわかりかけてきて、ここをこうしたら、ラクになる、つまり、良くなる、ってことが出てきた時だったのに。

悔しい。こういうことに対して、前向きなとらえ方がどうしてもできない。ネガティブな方にばかり考えてる。わしゃあ、まずは、自分が自分に、中途半端だ、というレッテルを貼らざるを得ない状況になってるんじゃないか、ってことから、どうしても逃れられない。運が悪かったで済ませたい。巡り合わせが悪かったで済ましたい。でも、その理屈を許しちゃうと、実際に状況が悪いことに対しても、肯定しちゃうことになる。

もう、顔を合わせたくない。そういうところから、もう、いやな気持ちになってる。これが世間の厳しさなのかなあ。わしゃあ、負け犬かなあ。何かがきっかけで変わるんだろうか。自分で動かないとダメだとは思うけど。もうちょっときちんとしたことが言いたかったけど、ダメだ。

◆ベースのこと

悪くない、ってこの前書いた。悪くない。のは、印象として、変わってない。でも、何回も聞いていて、細かいところが気になりだした。これは、逆に肯定的にとらえて良いんだと思うけど、耳がついてきた、ってことで。やっぱり、練習だと思ったのだ。ここが一個足りてない、とか、ここにこういうオカズを入れたら、絶対よくなる、とか、ここは単に練習不足で指がついていってないところだ、とか、が、整理されてきたのだ。やっぱり練習だね。

それにしても、マディーのベーアンはやっぱりフェンダーの音だと思う。もう、なんだかんだで全くカネがないけど、フェンダーのジャズべーが買いたい熱が高まってる。どうしよう・・・。

|

« 亀田くん、しごとのこと | トップページ | ようやく帰ってきた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。