« 伝説の場面 | トップページ | ご機嫌そーとー悪め »

2006年8月12日 (土)

日本文理惜しかった 高校野球

良かった。高校野球っていいね、改めて。って新潟代表日本文理のことをはなしたかったんだけど。また泣いちゃったよ。この前も言ってたけど、もうどうにも年だけとって俺だけ取り残されてる感が泣いちゃう原因だろうね。 いや試合自体も、ものすごく良かった。新潟代表であんな強いの初めてなんじゃないだろうか。新潟史上最強? 新潟県民にとってたぶん思い出深いのは昭和50年代の中頃だったと思うけど新潟南のベスト8ね。でもあれは林さんのワンマンチームだったからね。そーいえばその林さんだけど捕まった、って噂を聞いたけどホントかなあ。で、日本文理だけどチームとして強かったなあ、と。負けはしたけど。春ベストエイトってフロックじゃなかったんだね。あんなに強いと県外から選手あつめてんのかなあ、とか勘ぐってしまうね。新潟はやっぱり弱くてもおらがとこのチームってのもそれはそれでやっぱり愛しいところだからね。別にそんなにガツガツしなくていいじゃん、と。新潟はそうはいっても豊かなとこだと思う、いろんな意味で。東京出てきてちょっと思うのは新潟県人はやっぱりのんびりしてるんじゃないか、と。それはやっぱり豊かだからなんではないか、と。ある意味、ほっといてもそのへんに木の実がなってたり、とかそういう南の島なんじゃないか、と。そーとー偏見があるかもしれないけど。 野球だけのために、高校生をそれだけの生活させんのはいかがなもんかと。いや、全然ほんとのところはわからんけど。 試合自体は序盤で相手が結構、拙攻を連発してたときに点を取れなかったことだね。逆に文理は惜しいとこで点取れなかったからね。押し気味だったけど。8回もノーアウト満塁の見せ場を作ったし、9回も1点差2アウト3塁で、もうピッチャーいないなかで代打を送るシビレる展開だったしね。最後Pゴロだったけどイレギュラーしてたように見えたし、最後の最後まで全然チャンスがあった。なんだろう、勝ってもラッキーじゃなくて実力って感じだったもの。惜しかった。ほんとに。毎年、関係の人には悪いけど新発田農とか中越とか出て明らかに実力差があったときからすると隔世の感があるね。あ、一瞬、幹英がいた明訓ってのはあったなあ。まあいいや。あんときはあんまり野球そのものでは印象ない。水島新司がマンガでリアル明訓とドカベンの明訓を対戦させてたくらいでね。まあいいや。 もう画面見ると、甲子園は露骨に暑くてさあ、今の俺だったら絶対あんな灼熱のグランドにいることできねー、と思って。感覚としてはちょっと前まで俺だって、真夏の炎天下の中、野球だ、ラグビーだ、ってやっていたのに。この前のスティーブジョブスの言葉の通りでまさに自分が古きものになりー掃されるんだ、と。年々再々花同じ、再々年々人同じからず、なんだと。いつの間にか自分にとってははるか昔のことになったけれど、相変わらずあそこにいる高校生は変わらない。 ということで感傷的になったりして泣いてしまった。 また話はとぶけど、結局、咋日も1日仕事だった。1本の電話で大わらわだよ。これが車業界か、と。異動してきて、3力月くらいで思ったのは、よく言われてたことだけど、いわゆる車業界は違うと。そうかなあ、と思ってたけどやっぱりまちゃみんも実感した、と。 弊社は、まあ電子業界です、と。ルーツもそうだし売り上げの面でもそうだし、多数派というか、主流派というか、まあ、そんなにドぎついものではないけど発想の仕方は、やっぱりそっちでしてるんだよね。 そうすると、こっちで特に感じたのは、ついてこれるものだけついてくれば良い、という姿勢でね。社内からまずはそれを感じ、そうは言ってもそれはまあ元をただせば客の姿勢そのものなんだろう、とね。 全然引き継ぎがない、まず社内的に、というのとか、全然困ってることに対して協カ的じゃない、とか。自分の責任の範囲はここまでだからあとはなにがあっても知らん、と、そういうことなんだね、たぶんその元になってる発想としては。もっとひどくなると問題が起こることがわっててもほっとくとか、さらにヒドイとそれを笑ってるとか、ちょっとまちゃみんのいままでの常識だとありえないことばかりでね。個人のキャラクターによるところも、もちろん大きいと思うけど、それは玉子が先かにわとりが先か、というようなもので、まず、客の姿勢というか、仕組というか、がまず、大きい、ということもあるんではないか、と。 まちゃみんはだからこそ居心地が悪かったというのがあると思う。まちゃみんの発想ではたとえ自分がそういう仕打ちを受けてもそれをそのまま相手に返しちゃいかん、と。今回の話でいえば客がそうであってもそれを社内にもちこんでもっと改悪してどーすんだ、と。悪い噂もさもありなん、ということだ。 この前のブサイクの理屈でね、そのまま返してたら自分もそのしょーもない、とおもってる人間と同じになってしまう、と。相手がバカだから、って自分もバカになっちゃいかん、ということでね。

|

« 伝説の場面 | トップページ | ご機嫌そーとー悪め »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。