« はい。酔ってますけど、何か? | トップページ | お説教 ~渋谷のHMVとか歩きたばことか~ »

2006年11月11日 (土)

自殺

別のところで何度も言っていたことだけども。たぶん、完全に自分だけのために書いてたころの日記だと思うけど。人間、って、どういうふうにその人、になっていくんだろうか、と。今から思うと、自分のことよりも、強く、他人を意識してた深層心理が出てるかもしれない。最近自殺、ってものが流行ってるのとは全く関係なく、まちゃみんは、どういうナオンが好きか、ということを考えて、今日、考えていたこと。

いや、自殺、自殺、ってなんか盛り上がってるけど、アピールすんな、ってことと、それをマスコミも取りあげる、という形で、相手にしちゃいけないよ、と思う。ひとつ、自分はこんなかわいそうなんですよ、ってアピールしたい、って甘えに乗ってあげるな。ほんとに死ぬ、ってやつは、みんなに言わなくても、勝手に自殺するんだって。

人間のポテンシャル、ってやっぱり、ある程度、決まっていて、そこに、どういう環境で育ったか、っていうのが、その人を形作っていくんだよ、って思ってた時期があった。というか、今もそう思ってる。いや、今は、それが言いたいんではない。さすがに、ちょっとづつ、まちゃみんも進歩してるのだ。

今日、言いたいのは、自殺、のことじゃなくて、わしゃあ、完全に、新潟オリエンテッドだってことが言いたい。 新潟、っていうか、上越のさらに片田舎のとある村落が出自だと。じいさん、ばあさんの話を聞くと、ほんとに、その親、さらにその上なんて、江戸時代、もっと前の時代の話そのものだもの。毎年毎年、秋の収穫でさ、隣りの家より、米が一杯とれた、って喜んでた、蔵に、俵が隣りより、一杯積まれてた、って喜んでた世界だもの。いや、わしゃあ、いまだにそういうことを聞かされる、あの人たちから。うちのじいさん、ばあさんなんて、若干ぼけてるにしても、ほんとにそうだったんだろうと思う。信濃から来て、田んぼを開墾した、ってほんとに、そう言ってるけど、全然、最近の話だよ、あの人たちにとっては。今、上越の実家に帰ってもわしゃあ、そう思う。というか、わしゃあ、実は、そういうマインドなんだと思う。いや、司馬遼太郎の小説で、胡蝶の夢、というのがあって、佐渡から江戸に出てきた話とかあるし、こういうのって、実は、時代にかかわらず、そういう人間とそうでない人間がいるのかもしれないけど。

あの辺を信越線で、妙高を通って、下ってくると、まさに、山から流れ出た雪解け水が、平野を作って、さらにそのあとに、人間が田んぼを作ったんだろうな、って、皮膚感覚でわかるもの。いや、あそこに行けばわかる。やたら、湿った空気でね、森のなかそのものだもの。平野なのに。それは、山から水が運ばれてるからだろう、と。これは、稲、という南方系の植物にとってはイイ環境なんだろうな、と。

いや、新潟の上越のさらに田舎がそういう地域なんだ、ってことがほんとに言いたいことじゃなくて、わしにゃあ、そういうOSが入ってるんだって、ってことだ。人間という動物がパソコン本体、だとしたら、まちゃみんには、XPじゃなくて、98位のOSが入ってる。いや、だいたい、の話。95だったらあんまりだから、98って言ってみただけの話。どのOSが入ってるか、は、実は、パソコンのスペックとは関係ない。今、何ギガのパソコンが出てるのか、とんと知らないけど、CPUがたとえ、100ギガだとしても、OSはXPだろうが、95だろうが、入るわけだよね。いや、言いたいのは、江戸時代の両親から生まれた子供でも、現代の東京で子供から育てば、現代の東京人になると思うのだ。

わしゃあ、子供のころ、東京の親戚と、お盆とか、正月とかに会って、そう思ってたもんだ。なんでこいつらこんなマセてんのかな、と。いや、やっぱりわしゃあ、特殊なのかもしれんけど、東京が全然うらやましい、と思わなかった。弟とか妹とかは、やれ、東京のいとこがウォークマン買ってもらった、とか言って、うらやましがってたかもしれない。

ということで、言いたいのは、わしゃあ、東京のナオンはやっぱりあわんのだろうな、と。まあ、その言い方は、東京のナオンに失礼だ、とすると。わしゃあ、新潟の片田舎オリエンテッドなんだよ、ってことだ。ほんとに言いたいことはそれだけ。そういう文化を浴びたナオンじゃないとわしゃあ、合わないと思う。ほんとに結局そういうことだと思う。

あとは蛇足です。

ということで、自殺なんてしちゃいけねえよ、と思う。今、生まれて、ドタバタして、実は、死のうか、って、考えたりしてること自体ラッキーだと思う。考える葦じゃないけどね。いや、まちゃみんがこう言っても、まさにいまその現実に直面してる当事者には、わからんのは、わかるけどね。今日、弊社の2chのなかで、すごーく、ある意味、まとも、な書き込みがあって、曰く、辞めるのはいつでも辞められるよ、と、それより、会社にしがみついていた方がいいんでないの、別に殺されるわけじゃあるまいし、と。まちゃみんもほんとに会社を辞めようと思ってたから。今、そうなのよ、ね、と。もちろんまちゃみん、会社にしがみついてなんかいたくない。でも、同時に、自分一人で資本を集めるところからやって、食っていける、なんてほどの自信はない。こういう東京、というところで。もちろん田舎なんか言ったらなおさらだ。もっと一人ではどうにもならん。東京は、賃労働者が多いから、そういう錯覚をするだけだ。いったいどれほどの人間が、資本をゼロから集めるところから始められるか。実は、先祖代々がちょっとづつ田んぼを増やしてきた世界と東京だって変わらない部分はある。田んぼが資本なだけだ。あるいは、会社、という信用であったり。大部分はそうだと思う。さらにもちろん、だけど、そんな自分が精一杯生きて、食っていけない、なんてことがあったら、それは、世の中の方が狂ってるんであって、そんなだったら、それはそれでしゃあない、と思ってる。だからこそ、今の世の中、ってつくづく幸せな世の中だとも思ってる。わかる人だけわかってくれれば良いけども、このモノ言いは。

相当酔ってます。この酔ってますアピールはあとで恥ずいかもしれない。

|

« はい。酔ってますけど、何か? | トップページ | お説教 ~渋谷のHMVとか歩きたばことか~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。