« SAW3見た ~まさか○○○とは | トップページ | 業務連絡 »

2006年11月19日 (日)

いや、イイ結婚式だったんじゃないかね

なんだろうね、やっぱり、新郎の人柄が出てた、っていうことになるのよね。結局、演劇じゃないけど、参加者もいっしょに、その結婚式、披露宴の雰囲気を作ってる要素になってるんだからね。で、そういう参加者が集まってるのは、やっぱり、新郎とその家族の人柄、って感じがしたね。新郎がなんちゅうのかね、積極的にそうしよう、としてたんじゃなくて、そういう人が集まってる、っていう。まあ、そういう雰囲気を作ってるのは、参加者なんだけど、もとをただせばそれを呼んでるのは、新郎で、みたいな。

まあまあ、そういう屁理屈はどーでもよくて、とても良かったんじゃないだろうか。当初、ちょっと、友達ヅラして行ってイイのかな、とか思ってたけど、参加させてもらって、あの場にいたことが素直に嬉しかったね。

いっつも、飲もう飲もう、って話だけなんだけど、なんちゅうの内田さんが、毎週、毎月、毎年やることが決まってる、っていうのは、イイ、って言ってたけど、ほんとに飲み会を定期的に開催したいよ。定点観測でね。もうそろそろ我々も学生を卒業して10年になろうか、としてるし、彼、彼女は、付き合って10年を一区切りにした、という。毎年1年に一回位会ってね、まあ、景気のイイ話ばっかりじゃないかもしれないけどね、近況を報告したら、なんか、ハリアイになると思うんだよね。

と言いながら、帰りの五反田あたりになってくると、明日の仕事のことや、そうそう、同級生のナオンも皆オバサンにしか見えなかった(ということはわしゃあ、もっとおっさんだってこっちゃ)ということや、あと、かけがえのない10年を過ごした二人と自分をくらべて、若干、急激に現実に戻っていくまちゃみんであった。

|

« SAW3見た ~まさか○○○とは | トップページ | 業務連絡 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。