« BOSS MICRO BR で遊んでみた② | トップページ | 結局もう夕方になっちゃうよ »

2006年12月14日 (木)

たまった日記を吐き出してみよう①

ということで、ここんとこ、MTRにはまってて、普通の日記は書いてなかったが、ここらで、まとめてみようと思う。もうまったく思い出せなくなるので。ずっと箇条書きでメモはしてたんだよね。いろいろ膨らませたくなるかもしれないけど、イヤんならんうちに、要点だけ。しかし、ここのブログを読むとそん時まちゃみんがどういうことを考えてた、とか、すぐわかるね。

<12月8日>
◆年上、年下、先輩、後輩
なんだろう、血液型が、まあまあ、ある程度、人を見るときのひとつのファクターになってしまってる、とまちゃみん的に。善し悪しじゃなくて。もうしょうがない。血液型と同じように、人を見るときに、またひとつ、要素があるかもしれない、と思ったのだった。

それは、入り方、としてね、年下にやさしい、とか、あるいは厳しい、とか、年上には、どっちかっていうと、むかっていっちゃう、とか、だけど、年下には、包容力がある、とか。もちろん、周囲を見渡して、そんな年が上か下かで、きっちり対応が分かれたりするわけじゃなく、自分も含めてだけど、単に、相手が人として、どうか、っていうのはあると思うけどね。

でも、なんだけど、この前の右利き、左効きの話じゃないけど、とりあえず、どっちで、関係を始めるか、ってあると思うんだよね。ようするにどっちでもイイ状況の時に、意識をしないと、行くのは、どっちなんだ、ってことでね。まちゃみん自身は、ちょっと前までは、上に対しては、基本的に、はむかう型だったと思う。というか、単に上、ってだけで、すごく懐疑的に関係を始めてたと思う。だけど、今は、全然そういうガッツはない。そして、自分の上の人としては、上に対して、正面切って出れて、だけど、下には、やさしい、っていう人にどうしようもない魅力を感じる。

ってゆーか、当たり前の話か。あれ、やっぱり、どうにも、まとまらない話だった。というか、好き嫌いを正当化したかったのかなあ。

しょっぱなから長い。サクサクメモしていきます。

◆現金掛け値なし
なんだろう、仕事の場面で、社内で、駆け引きしかけられるとすごく頭くるのよね。具体的な例は省く。コンビニ行って、いちいち、値札がちょっと高く設定されてたらどうだろう。途方もなくめんどくさいだろう、と。自分さえ良ければ、を感じちゃうんだよね。一回、皆がそういう方向に向かったら、ドロ沼に入る、だから、自重しよう、って発想にならないのだろうか。結果的に、すごく長いスパンで、それは、そいつはもちろん、皆が高いコストを払うことになると思うんだけどね。ちょっと自分が有利に進めたい、って、駆け引きをしたがために。いや、この辺でやめとこう。

◆2004年のテレビ ~ガキとめちゃいけ
まちゃみんは、お笑い番組がスキなの。この前、めちゃいけが10年と言っていた。ふーん、10年間見続けてるんだ、と。そうすると、ガキの使いも、10年以上は見てるんだね、と。

この前、2004年に録った放送を見た。めちゃいけでは、ヨモギダくんのバンドのやつで、ガキの使いは、遠藤がハリウッドのオーディションを受ける、というドッキリをしかけられてる、っていうのを遠藤含めて皆で演じる、という、いわば、ドッキリのパロディだった。ガキの方は、その時は、そんなに強く思わなかったけど、これは、そうか、パロディか、と。当たり前なんだけど、改めて思った。一方で、ヨモギダくんの方は、いちおうシロウトのヨモギダくんをいいオトナが、よってたかって説教しててね、なんというか、弱いモノイジメだし、構成自体が矛盾してて、この上なくムナクソ悪い主旨でね。

番組が言うには、2年間、本人には内緒で、プロのミュージシャンを目指してる、というヨモギダくんを追い続けてた、と。だいたい、その時点でダメだけどね、ノゾキだろ、それ。ほんとうに内緒だったら。とにかくダメだよなあ。そうじゃなかったらヤラセだし、とにかくダメだよね。全くなあ、ほんとにテレビ、って腹立たしいね。そういえば、いまだに、フジテレビの笠井ナニガシが、現場からレポートつって、阪神大震災のときに、はしゃいでいるようにしか見えなかったのが、ムナクソ悪い。あと、ドキュメントとか言ってさあ、ストーカーを追ったりしてるけど、それ自体がストーカーじゃん、とか思ってしまうのよね。あと、やめましょう、って、テレビで広範囲でやめましょう、っていう効果と、それを見て、マネしよう、っていうやつのどっちが多い、と思ってるんだろう。確信犯だよね、間違いのない意味で。腹立たしいぜ。というかそういうツッコミを入れながらじゃないとテレビって見ちゃいけないと思う。

話は戻って、そんで、にせのオーディションにヨモギダくんを呼んで、わざと、遅刻させて、そういう状況でいやらしい質問してね。要は説教でね。音楽をなんでやってるの、って聞いて、楽しいから、って答えたら、それはプロの心がまえじゃない、とかね。この前、まちゃみんも書いたとおり、もう、設問に対する回答は、何パターンかあったとしても、どれを選んでも、説教、というね。しかも、本人に罪はないのにね。こういう多数で、一人をやっつけるのは、スキじゃない。

構成自体が矛盾してるのは、だいたい、そうやって、取りあげてること自体が、番組がいうところのシロウトの人生を結果的には、悪い方向に導いてるだろ、っちゅうのよ。お前、ナニサマなんだよ。いや、何年も前の放送だし、そういうのを録ってあってしかももう一回見ちゃうまちゃみんも同じ穴んなかにいるだろ、って感じもするけどね。

というわけで、ガキの使いとすごく対比されたのであった。めちゃいけはすごくスキだったんだけど、最近すごくつまんない。思えば、こういうのが凋落の傾向だったのかなあ、とか思ったのであった。

やっぱり、いろいろ書きたくなるね。たまってるのは、明日以降で消化していこう。

|

« BOSS MICRO BR で遊んでみた② | トップページ | 結局もう夕方になっちゃうよ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。