« 久しぶりにR-09、新潟に帰った その他 | トップページ | 久しぶりに »

2007年1月28日 (日)

サントリー対ヤマハ 見たかった・・・。40対39だって

今、TVKで、東芝対トヨタを見終わったわけだけど、順当に東芝が勝った。で、見てたら、サントリー対ヤマハは、40対39の1点差で、サントリーだった、とのこと。うーん、見たかった。きっとピリッとした、スリリングなすごく面白い試合だったに違いない。リーグ戦では、逆に1点差でヤマハが勝ってたわけだし。

今、サントリー、ヤマハで検索したけど、全然、試合リポートみたいなんがない。この前のnumberの時に言いかかっていたんだけど、なんか、ラグビーの作家が欲しい。プロレス、空手でいう梶原一騎みたいな人ね。サッカーでは、ひと昔前に、金子達仁とか、いたわけじゃん。バスケットも、スラムダンクの力とかすごく大きいと思う。なんか、そういう伝道師、というかね。まちゃみんの時代には、ラグビーにも、スクールウォーズっちゅうやつがあったわけだけど。なんか、今ないじゃん、ラグビーにそういうのが。欲しいなあ。しょうがない、まちゃみんがなるか?

きっとサントリー対ヤマハの方が面白かったに違いない、と思うのは、東芝対トヨタも、試合としては、とてもイイ試合だった、だけど、ごめん、どこか、心のどこかで乗り切れなかったの。その理由を考えていたんだけど、結局、外人が強い、ってことだと思う。いや、正直、外国人の動きがイイの。今日も、トヨタでは、アイイ、ホルア、東芝では、バツベイがやっぱり良かった。この前のサンヨーだって、しょーじき、スタンドのブラウンは、全てキック入れていたし、バツベイへの果敢なタックルとか見てても、やっぱり別次元なんだよね。くやしい、というか、正直なところ。東芝強いけど、結局は、バツベイが日本国籍取っていてね、それで、実質的な外国人を多く入れられる、っていうのもあるじゃん、ってことにどっかで気付いちゃってるんだよね、きっと。だって、東芝では、オトもそうじゃん。そういうところが、どこか、純粋に楽しもう、って心情にさざ波を起こしてる。

この前のウチダ先生の「9条どうでしょう」とか「私家版・ユダヤ文化論」とかで明らかなのは、やっぱり、ほんとに、乱暴にざっくりひとことで言っちゃえば、日本という国の外国人コンプレックスっていうのは、抜きがたくあると思うんだな。サントリー、ヤマハ、って外国人って感じがしないの、チームの中心が。だから、そのうえ得点差が、40対39なんつったら、相当面白かったに違いない、と思って。

ということで、来週の決勝は必ず見に行くけど、心情的には、サントリー応援で観ることになるだろうな、と思ってね。だいたい、清宮監督は、知り合いの知り合いだしな! てへ。まちゃみん的には、勝負のポイントは、どこまで、サントリーがバックスで、トライを取っていけるか、だと思う。まあ、あえて言うことじゃないけど。あ、第3列含めてね。もう、ある程度、ラック、モールで押されるのは、しょうがないでしょう。実際、何本か取られること含めて。そこをあんまり付き合わない、というか、勝負のポイントにしない、ってことかなあ、と思う。東芝は、バックスは、ある程度、カタイようでもあるけど、もしかしたら、そんなに強くないんじゃないの、って感じもある。いや、今日の廣瀬はすごく良かった。でも、サントリーも菅藤良いんだよね。ランの廣瀬と、キックとうまさの菅藤って感じかなあ。でも、サントリーは、小野沢がいるしね。ただ、栗原が働けてないし、有賀もしょうじき、まだ、若い感じなんだよね。だので、第3列含めて、走って取って欲しい。って、これって、往年のワセダじゃん。ということで、サントリーは、バックスで、勝っていくような感じなるのかなあ。

ごめん、やっぱり、にわかファンってことを隠せてないや。来シーズンはもっと、深く見れるようにしたいぜ。でも、そんなんでも、書いてると、来週がすごく楽しみになってきたのであった。この前の雨中の府中決戦の、真の決着をつけてくれ。がんばれ、両チーム!

|

« 久しぶりにR-09、新潟に帰った その他 | トップページ | 久しぶりに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。