« そこにいるのがあなたである意味はあるんですか?② | トップページ | 教育改革がホットになってる »

2007年1月20日 (土)

セルメン「The Joker」をMTRで録りたい、と思ったけれど

やっぱり、どうしようもなく、かっこよくて、セルメンの「The Joker」。もう、こっちをMTRで録ろう、と。で、昨日、ずっと耳コピしてた。もう、MTRは、挫折続きだから、なんとか、カタチにしたいよ。

ヒラケンの瞳を閉じては、ここでもやる、とか、宣言したものの、実はここ2~3日、アレから何度か、MTRに入れてみたけど、いっこうに前進してる感じがしなくて、挫折。あ、もちろん、ケンジじゃない方の、念のため。もう、やる気おこらん。気が向いたら、単に、弾き語りとして、練習するかもしれないけど。

やっぱり、MTRで録るくらいだったら、コーラスを入れないと、カッコ悪い、というか、バツが悪い、という感覚がある。一番かっこいいのは弾き語りで、それより、良くなる、ってことが分かってる、時は、しょうがなく重ねる、っちゅうのがMTRだ、っちゅう意識があるから。

いや、ほんとのほんとは、セルジオメンデスをやるとしたら、コンスタントレインをやりたかったんだけど。これは、実は、年末、挑戦して、まず、まったくコードが取れず、挫折。で、スコアに頼ろうと、楽器屋回ってたけど、セルメン、自体で、スコアがない。そんで、じゃあ、っちゅうことで、ボサノバの名曲集みたいのを見たんだけど、コンスタントレイン、ってない。いや、なんか、もちろんベースを追っていけば、それなりになるんだろうけど、なんか、そんなんではやりたくないんだよね。単純な、コードでやったらダサい、っちゅうもんだろう、って。

で、そのTheJokerなんだけど、全然、そんな感じがしなかったけど、なんと、音階のある楽器はほとんどピアノ1台だけじゃね? もちろん、ベースは、入っているけど、ギター、だとか、そのほかのストリングスとか、一切入ってない。要するに、すごく、わびさびなんだと思う。わびさび、としか言えないなあ。もう、くすぐられちゃって、しょうがない。特にボーカル。前にも、ここで書いていて繰り返しになっちゃうけど、なんちゅうか、女性ボーカルだから、っていうじゃなくて、すごく、艶があるのよね。もう、聞いてもらうしかない。あの押し、引き。あの感じをなんとかコピーしてみたいんだよね。

ひとつネックなのが、ミドル部分のコードがとれないんだよなあ。うーん。

ところで、久しぶりに、酒飲んできたら、すげえ、頭が痛い。ほんと、いつ以来だろ、酒飲んだの。今年になってからは初めてのはず。頭いてえ。

|

« そこにいるのがあなたである意味はあるんですか?② | トップページ | 教育改革がホットになってる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。