« いま、起きた | トップページ | トップリーグ 1月14日 トヨタ対NEC »

2007年1月13日 (土)

早稲田対関学戦の感想はあとで正式にUPしたいです

やっぱり国立は見にくいわ、っていうのが、まちゃみん的には最初の感想なんだけど、試合、って観点でみると、やっぱり、関学の春口監督の試合後の「スターはいらないんです」のコメントが、まちゃみんも、ノっていけるストーリーとして、軸になりそう、というのが印象。

間違えちゃいけないけど、やっぱり勝てば官軍のコメントであって、善し悪しは別にエンターテイメントとしての試合は凡庸だった、っていうまちゃみんの感想と比べて、なんか、いろんな視点は出てくる結果だった、と思う。つまり、やっぱり物語として、見る、と思うんだよね、圧倒的な数を占める、当事者じゃない第三者、としては。そうすると、っていう。

ということで、まちゃみんは、これからバンドの練習なので、整理できないけど、関学が勝った要因というものの、物語、すなわち解釈で、なにが秀逸か、ということを知りたい、と思ったのであった。ほんとに関学の勝因、ってなんだろう、っていう。判官びいきで、関学がんばれ、って思ってて、実際、勝ったのにすっきりしないのはなんでだろう、っていう。また、帰って、録画みて考えよう。

|

« いま、起きた | トップページ | トップリーグ 1月14日 トヨタ対NEC »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。