« あいや | トップページ | 2006年度日本選手権決勝感想 東芝対トヨタ »

2007年2月25日 (日)

恋人たちの予感の音楽

すごいイイんだよね、サッチモとレイチャールズ。恋人たちの予感は、18とか、19の時、初めて見て、それ以来、世の中で一番好きな映画と公言してはばからないわけだけど、当時は、それが、サッチモや、レイチャールズとはわからなかった。で、恋人たちの予感、のサントラも当時買ったんだけど、はっきりいって、単にハリーコニックJr.のアルバムなのよね。だもんで、一番聞きたい、サッチモとレイチャールズが聞けなかった。当時は、それが、サッチモとレイチャールズだ、ってこともわからなくて、そこで、探すのが止まってた。大学卒業して、さらに、色々と音楽を聞くようになって、もう、あれは、サッチモ、レイチャールズに違いない、と思うようになったわけだけど。でも、今まで、なんで、そこに考えが至らなかったか、というと、不思議なんだけど、最後のタイトルロールで、映画で使われた曲って出るじゃん、と。

で、いま、この前、DVDのエンドロールでメモった曲名でCDをまんまと買ったわけだけど、しょうじき、サッチモの「LET'S CALL THE WHOLE THINGS OFF」「OUR LOVE IS HERE TO STAY」はイマイチだった。レイチャールズは、まだ、「WINTER WONDER WORLD」までいってないけど、それ以外は、すごくイイ。ラグビー見終わってからまた、CD買いに行こうか、というくらい。

しかし、CDとか本とか電化製品、買おうとすると、こっちに来てから川崎が多かったんだけど、ずっと、チネチッタの方に行っていた。でも、あっちは、正直、ちょっと遠い感じがするし、CD屋と本屋と電化製品が離れてるからちょっと便利が悪かったのよね。でも、今日知った。チネチッタの逆側はビックカメラとHMVと映画館と本屋とすごく一カ所に固まってる。川崎はもう、あっちの側にしかいかない気がする。

で、その地下で、メシを食った。ラーメン。えるびす、って店なんだけど、大学の時、池袋で初めて食って、おお、これは、新潟のテイストに近い、と。それで、結構好きなラーメンなの。ちょっと前に、新宿の店がつぶれちゃって、それ以来、食ってなかったから、行った。日曜のこんな時間だから、やっぱり、家族連ればっかりで居心地悪いのは、わかりきってたけど、意を決して、突入。なんか、豚骨、って、メニューの一番最初に来てたので、醤油だろ、って不安になったけど、豚骨醤油、というのが、あって、それが、新潟テイストのラーメンだった。ちょっと、ああいう、屋台街みたいなところで、簡易版みたいな感じもしたけど、たしかに、あのラーメンだった。しかし、やっぱり、知り合いに会いそうでやだった。たぶん、蒲田、川崎界隈、って結構弊社の関係者いる、と思う。サングラス、っていうか、伊達メガネをまた買おう。この前、結構使ってたやつ人にあげちゃったから。

さあ、始まるよ、日本選手権決勝。十中八九、東芝だろうけど、トヨタはどこまで、東芝にくらいつけるか。東芝は、なんちゅうか、別にゲームプランいつもと変わらなそうだけど、トヨタは、前回の東芝の試合見ちゃうと色々考えちゃうんじゃないだろうか。トヨタがどういうプランなのか、はひとつの楽しみ。まちゃみん的には、トヨタのアイイと遠藤に注目。広瀬は出さない方がイイと思う。東芝のバックスをがっちり押さえて、アイイがぽこぽこ前に出れるようだと面白い。あと遠藤の一発。うー、楽しみ。

|

« あいや | トップページ | 2006年度日本選手権決勝感想 東芝対トヨタ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。