« 微妙 | トップページ | ホリデイ(The Holiday) 観た 感想です »

2007年4月15日 (日)

えらいぞ、まちゃみん

いや、掛け布団と敷き布団のカバーを買おう、とずっと思ってて、このまえ、買いに行ったんだけど、買わずに帰ってきた。あれ、って規格があるのな。そんで、まちゃみんの布団が一体何センチなのか。これが、わからず、断念して帰ってきたわけなんですけど。一瞬エイやあ、で買っちゃおうか、と思ったけど。まちゃみんの身長はだいたい180だから、それプラス30センチとか、それくらいだろ、ってのはあったけど、間違った時、やっぱりリスクでけえな、と。イヤじゃん、買ってきたは良いけど、布団の中身が布団カバーにどうしても入りきらん、みたいなシチュエーションは。

そんで、真面目に、長さを計るか、と思って帰ってきたんだけど、まちゃみん、定規を持ってない、ということを気付いた。そんで、ずっと、布団カバー、気になりながら、止まってたんだよね。だけど、さっき、思いついたよ、どうしたら計れるか。まちゃみん、思いついたよ。えらいぞ、まちゃみん。定規がなくても計れる方法が。

っていうことを書こうと思ったんだけど、文章にするとなんかたいしたことなさそうなことのような気がしてきた。おかしいなあ。なんか、まちゃみん、計りきったことに有頂天になってたみたい。情けないなあ。

いや、なにか、って、まちゃみん、A4の紙の縦がほぼ30センチ、っていうのだけ知ってるからね、そんで、布団カバーを洗濯するがてら、布団から外して、3回折って、A4サイズに納まるようにしてから、A4の紙を当てて、だいたいA4から、マイナス4センチだな、ってやって。そんで、3回折ってるから、2×2×2で、8倍じゃん、と。そんで、ちーん、とはじき出されました、と。だいたい210センチだな、と。えらいぞまちゃみん。とこういう調子で、敷き、と掛けのタテヨコ、を計ったわけですけど。答え合わせは、買ってきてからのお楽しみだぜ。まちゃみん理論からすると、すっきり布団が納まるはずなんだけど。

そして、いやあ、ハウスキーピング、みたいな? すっかり部屋を掃除して、すっきりしたぜ。最近、ちょっとづつ掃除が好きになってるまちゃみん。まちゃみん、掃除のコツがわかってきたよ。まず、戸を開け放つの。そして、ホウキで掃くの。そして、雑巾掛け。この3段論法が効果的と見た。こういうのって家庭科で習ったっけ?

そんで、掃除の時、新しい曲のために、引っ張り出してきてたJ-160Eにロックオンされちゃって。J-160E、やっぱり、一日寝かせたら、急にイイ音になってきてさあ。いやあ、アコギ、ってなんか、やっぱり、呼吸、ってもんがあるなあ。いや、他人が言ってると、ちょっと、てやんでい、ってのがあるけど、自分のアコギを抱えて弾くとね、そりゃ、やっぱりあるんだなあ。なにか、呼吸、みたいなものが。

何度かここで言ってるけどまちゃみんのJ-160Eはインチキというか、ちゃんとギブソンなんだけど、ラダーブレイジングじゃなくて、アジャスタブルブリッジでもないJ-160Eなんだよね。シールド挿すとも、エンドピンのとこだし。だもんで、J-160Eっていうか、J-45なんだよね。ピックアップがついてるJ-45というか。大学生の時買って、買ったあとに、それに気付いて、ジョンのじゃない、とか思って、ちょっとイヤで、そんで、社会人になって、ちょっとゼンを持てるようになって、一時期改造したろか、って思ってたこともあった。でも、今は、まちゃみんのタイプのJ-160Eって売ってるの全然見ない。で、今は、逆に個性でイイなあ、って思ってる。

新しい曲でスリーフィンガーやったんだけど、それは、エレアコだったので。で、さっき掃除がてら、J-160Eで、スリーフィンガーつま弾いてみよう、と。そしたらなんかまんまとイイ音で。いやあ、相当自己満足だけどね。スリーフィンガーと言えば、まちゃみん的には、これ、という曲を弾き語ってみた。弦も半年かもっと前に換えてそのまんまだけど、なんかイイよ。これは、まちゃみんのJ-160E自体が鳴ってるからに違いない。てへ。まちゃみんのJ-160Eは、自分では、1・2弦がきらびやかで、5弦、6弦は、なんちゅうか、ギブソンっぽい詰まり方、っていうかね、してる、と思ってる。なんかねえ、ギブソンって、コードストロークってイメージがまちゃみんにはあって、特にJ-160Eはそうなんだけど、まちゃみんのJ-160Eはもう、こういうスリーフィンガーとかね、イエスタデーみたいな弾き方にあってると思う。基本はJ-45だしな。

「070415_ano_subarashii_ai_wo_mou_itido_r09_0021.MP3」をダウンロード

ところで、昨日はまた、山下公園のライブ飲み屋に行って、営業してきた。自分で、うわ、無理してるなあ、と思ってちょっとバテた。キャロルのコピーバンドナイト。皆、好きなのはわかった。そういうのは、雰囲気でわかる。アマチュアの基本はやっぱり、好きかどうか、ってあるなあ。人前でやる以上、楽しそうにやる、っちゅうかね、それが礼儀のような気がした。聞いてね、っていう。気になったのはベース。ベースボーカルの人が多かった。手数は多いんだけど、押さえ切れてない、と思った。いや、ブツブツしてるというかね。まちゃみんも気をつけねばなるまい。

新しい曲は、一晩寝かせて、そんなに悪くない、とも思ったんだけど、やっぱり、オカズ、ハモの練り込みが足りない、と思った。というか、それが欲しい。だもんで、もうちょっと考えてみたいと思う。

今日は、新しい曲もあるんだけど、また、映画を見てこようかと思う。今週1週間はおかげで、というか、自分のなかで飽きてる、というのもあるけど、全然英語に触れなかったし。

|

« 微妙 | トップページ | ホリデイ(The Holiday) 観た 感想です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。