« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »

2007年9月

2007年9月13日 (木)

2007ワールドカップ 予選 ジャパン対フィジー ~号泣。こんな試合を演じてくれた我らがジャパンに感謝。

あまりのカンゲキに一夜限りの復活。

まず、、、、一生の不覚!! 前半を寝過ごしてしまう。ビデオの録画も失敗。なんたる不覚。あたしはとにかくこの1年、特に、ここ半年、ずっと代表を追いかけてきて、ワールドカップでは、このフィジー戦が全てだ、と思ってきた。

ここ何回もワールドカップでは、正直、勝負になっていない試合を見てきた。というか、この言い方は正確じゃない。勝つのはすごく難しい。だから、ほんとは勝ち負けはどうでもイイ。何より、ことラグビーという競技に関して重要な気持ちが大事。それがほとんど感じられなかった。だから、何より、それが残念だった。

だけど、今回の代表に関しては、エリサルドが石持て追われて、カーワンになったころから、俄然気持ちが入ってきた。自然、代表の試合は必ず見るようになった。あたし、いつの間にか代表にはまりこんでいたけど、たぶんカーワンになった、というのは、今から考えるとおおいに関係してると思う。

最後の最後、トライ取って4点差になってから、何分、グリグリ攻めてんだろ。

涙が出てきた。肛門がキュッとしまる感じ。サッカーでこんな感覚味わえるか?

誰一人諦めなかった。そしてミスもなかった。至福の時間。止まった時間。鳥肌の時間。
勝ち負けが大事だし、そのために、動いてるんだけど、なんだか、単に必死に動いている、ということがなにより重要、という、なんでこんな必死なのか、忘れてしまうような時間。勝ちを目指して動いてるはずなのに、その勝ちがどうでもよくなって、動いていることが幸せに見える時間。

絶対、きついあの時間で、我らが代表は全然諦めなかった。足が止まらなかった。ミスもなかった。

我らの代表。ありがとう。

きっと、勝てなかったことで、やっぱり、あとから、結果としては物足りなく感じるだろうと思う。数字で結果を見た人は、単に負けた、としか見えないだろう。しかも、この点差。どうせだったら勝ちたかった、と思うかもしれない。でも、なんちゅうか、とにかく、代表は、この試合にかけてたと思う。二つのチームを作る、という理屈をこねたのも、とにかくオーストラリア戦後、3日目に行われるこの試合に全てを賭けてる現れ、だと思っていた。

誰も言わなかったけど、わかってる人は皆わかってたと思う。

オレだって外野だけど、外野は好き勝手言うもんだ。2チーム、というのは、フィジーを勝つチームで臨みたい、だけど、初戦をオーストラリアと戦わなければいけない、そして、諸戦のグランドに立つ、やはり我らの代表に対する敬意の現れでしょう。1本目、とか、2本目とか、主力組とか、そういう呼び方して、2本目でオーストラリアと戦います、なんて、そんな言い方ないよ。2チーム作ります、という理屈は、何より選手に対する配慮であるんではないか、って思ってから、それ以外考えられない、と思った。そして、気付けば、これは、すごくイイ試みだと思っていた。

代表は総合力だ。主力組とか、そういう分け方は、身体を張ってる選手に失礼だ。特にラグビーというスポーツにおいては。ラグビーは気持ちだ。そんな選手に失礼なことはできないだろ。みんなわかってた、と思う。だから、今回のチームって代表としてすごくまとまってたと思う。なんともイイ雰囲気だったと思う。

だからこそそんななか、第1戦のオーストラリア戦は、点差こそあんなについた、とは言え、全く気持ちが切れていない試合をやってくれた、と思う。そして、だからこそ、このフィジー戦のメンバーに勇気をあたえ、つながった、と思う。いや、外野はオーストラリア戦は惨敗だって言うとおもうけどね。

そういう意味でも、とにかく、だからこそ、このフィジー戦というのは、とにかく具体的に勝つメンバー、勝つ作戦だった、と思う。

そして、負けは負け。結果はね。だけど、内容という結果は何より雄弁に語ってると思う。数字だけみたらわからないよ。でも、試合そのものを見れば、選手が身体を張ってるのを見れば、文句を言えるやつはいないはずだ。

後半、若干レフェリー日本よりに吹いてくれてる感じもあったし、やっぱり、一発目は、ニュージーランダーで当たっていく、ってしても、それにしても、気持ちが感じられた。

いま、試合後1時間経って、ようやく興奮状態が冷めてきたけど、とにかく代表のみなさん、ありがとう、という感じだ。泣けてきた。

そして、今後。わからん。結局、この試合はあと2戦あるワールドカップ、そして、もっと大きなところで、今後の日本ラグビーにどういう影響を与えるのかなあ。いや、ウェールズ戦はもう抜け殻だね、まあ、魂が抜けてても、もう文句はない。少なくともあたしは。でも、選手は、逆に力が抜けて、テクニカルな意味で善戦してくれるかもしれないなあ。

まあ、カナダには勝って欲しいかなあ。でも、やっぱり、このフィジー戦だけでありがとう、以外にない。今回のワールドカップ、というのは、この試合だけで意味はあった、と、もう断言してしまうのであった。

今年もトップリーグ見に行きます。ありがとう、代表のみなさん。

<後半試合観戦ライブmemo>
後半。

12対10、2点リード。
なんちゅうか、勝つためのギリギリのゲームプランだ。解説を聞いていくと、全部ペナルティみたいだね。ほう、大西がミスなしで入れたか。小野、安藤より、イイじゃないか。

選手交代・・・?、!!

なんちゅうプランや。ロアマヌフルバックって。大ばくちもイイとこだよ。
ロアマヌは決して、ハンドリングがうまいとは思えない。宮城でもあたしの目の前でノックオンした。けど、これは、従前からのプランとしか思えない。

すげえ大ばくちだ。

ああ、そして、矢富。痛い。これは、まじ痛がりだ。やっぱり交代、、、。
ハーフは、ロビンス! ロビンス様々だなあ。

おお、ロアマヌにしては無難プレーが続く。
でも、大西、スタンドはイイ流れか。サンヨーで散々やってるよね。

70分。フィジートライ。うーん、痛い、痛すぎる。8点差。

涙が出てきそう。

俺らの代表が、フランスで身体を張ってる。

なんちゅう締まった試合だ。日本も、フィジーも全然ミスがない。

ああ、11点差・・・。無理だ。

77分。いける。ワントライ、ワンゴール。4点差。いける。いける。いける。がんばれ、日本。

遠藤だ、遠藤。遠藤いけ。

まだいける。まだいける。大西ナイス突進からヤンボールも、日本ボールに戻る。いける。

最後、何分、グリグリ攻めてんだろ。

涙が出てきた。肛門がキュッとしまる感じ。サッカーでこんな感覚味わえるか?

ああ、笛。

誰一人諦めなかった。そしてミスもなかった。至福の時間。止まった時間。鳥肌の時間。

絶対、きついあの時間で、全然諦めなかった。ミスもなかった。
我らの代表。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »